シャンプーした後、

 

 

乾かす  or  乾かさない

 

 

 

 

これ、

僕がお客様に携わらせていただく時に

ほぼ100%お聞きする話題で、

この質問に対する答えって

ほんと様々なんですよね

 

 

 

 

 

 

軽く例を挙げていきますと

『どんな時でもきっちり毛先まで乾かす』

 

 

 

 

『乾かしたいんだけど、

睡魔に負けて毛先濡れた状態で寝る』

 

 

 

『まず、タオルで拭いて

30分ほど置いてから乾かす 』

 

 

これが三大返答ですね。

 

 

 

 

僕ら美容師は、十中八九

『きちんと乾かしてくださいね?』

という提案。

 

 

 

こんなパターンよくありませんか?

僕もよく言ってしまいます、、

 

 

 

そこで

『なぜ、乾かさなければいけないのか』

ここを掘り下げていきましょう

 

 

 

 

まず、多くの皆さんが持っていられる

『乾かさないとなんとなく

ダメージする気がする』

 

 

 

このイメージの

”なんとなく” 紐解きます!

 

 

 

『濡れている』ことでのダメージ要因

 

 

 

◯ 濡れていることで、

髪表面のキューティクルという膜が

開いてしまいますので

摩擦によるダメージが

乾いている状態よりも大きいです

 

→主に( 過度なタオルドライ、枕、 )

 

 

 

 

この、枕が一番摩擦係数が高いので

傷むらしいですよ、、?

ロングの女性は自分の背中で濡れた髪を

挟んで寝てしまってダメージ

なんてこともあります。

 

 

 

主に目に見えるダメージは

これがほとんど!!

 

 

 

他にも、

菌が繁殖しそう、カビる気がする、

だとか色々意見ありますが

ここに関しましては

僕も詳しくありません、、

今度調べておきます、、

 

 

 

 

『ほらー。乾かしたほうがいいじゃん。』

とも取れる説明だったのですが

 

実はそこにも落とし穴がありまして

一般的に髪の毛の表面に

ドライヤーの風が当たり過ぎて

オーバードライに陥りやすいんです。

 

 

 

表面のパサパサ感、

表面の色抜けの早さが気になる

 

 

 

そんな方は
canvas more. で乾かし方だったり

お手入れ方法、お伝えいたします

 

僕もわからないことでしたら

全力で調べますので

ぜひ、お気軽に

 

 

 

CANVAS MORE..stylist 中山洋祐