CANVAS MORE. Blog

CANVAS MORE. Blog

Just another WordPress site

デジタルパーマについて

LINEで送る

はい
そしてデジタルパーマの説明です。
一昔前に流行り、
経験されたことある方も多いのでは?

IMG_6666.JPG

当時まだ熱に対する薬剤知識が美容師側にとぼしかったり
薬剤が強いものしかなかったりでかなり痛んで
それでマイナスイメージがある
お客様もいるんじゃないかと思います。

デジタルパーマの特徴は

・熱を使い形状記憶させることでキープ力が強くなる
・濡れてる時と乾いてる時の差が少ない
・クリームタイプを使うことが主なので
毛先の痛んでる箇所に弱い薬を塗るなどの対処がしやすい
・ストレートパーマがかかっているお客さん(もうすでに熱によるダメージをしてる場合の毛)もデジタルパーマの方が綺麗にかかる

ストレートパーマをかけたことがあるお客さんなら
わかりやすいかもしれません。

****ストレートパーマ*****
1液→水洗→【ドライ&ストレートアイロン】→2液

****デジタルパーマ******
1液→水洗→【ロッドオン&ドライ】→2液

そう、1液で鎖が外れた髪に

ストレートアイロンをいれるのがストレートパーマ
ロッドを巻いて曲線をつくるのがデジタルパーマ

共通していえるのは【熱】を加えて形を変えてるといこと。

た だ し

苦手なものもありますーデジタルパーマは先ほどから
紹介してるとおり
熱を使うのですが
ロッドに髪の毛は巻き付けば巻き付くほど
熱が均一に入らなくなってしまいます。

なので分かりやすいスタイルでいうと
ソバージュみたいなスタイルは作れません
あと男性の短髪などはアチチッってなるので使えません。

これがデジタルパーマ!
僕のお客さんは8割ぐらいデジタルパーマです。

B010707702

コールドパーマについて

LINEで送る

はい、金井です。
まずはコールドパーマの説明です。
いわゆる普通のパーマ。

IMG_6827.JPG
ざっくりいうとパーマは
1剤

2剤

この2種類でかかります。

【1剤】は
僕はよく鎖に例えるんですが
髪の毛が鎖状に繋がってるとして
1剤はその鎖を外すもの

この鎖の繋がりは人によって強かったり弱かったり
また
ダメージによって変わるので
美容師が強さをコントロールして
お薬を選んでるはずです

1液をつけて放置後
少し時間が経ってから
美容師がロッドを外して見てませんか??
それは鎖がロッド状に外れたかどうかを確認しに
見に来てるんですねー

あっ外れましたねとなったところで

水で1液を流して

今度はそのまま形を固定するために
鎖を繋げにいく
【2剤】を使うのです。

よく髪の毛にアルカリを残留させると~
なんて聞いたことありませんか?

つまりまとめると

【1液】はアルカリで髪の毛をふやかす
結合を切る

【2液】は酸性で髪の毛を引き締める
結合を再結合させる

 

 

デジタルパーマより

カールはだれやすい。

でも逆にいうと馴染みがいいのがコールドパーマ

これがいわゆる(ざっくりとした)

コールドパーマのメカニズム

DSC02710.jpg

パーマの種類について

LINEで送る

はい、こんにちは、金井です
日がどんどん長くなって
少しずつ春を感じることが多くなってきましたね。
B010707702
さて、、
世の中いろいろな種類のパーマがありますが
キャンバスでは

コールドパーマ
デジタルパーマ

の2つに分類しています(世の中にはもっとありますが)

芯となるメカニズムは似てる(というか一緒)のですが
途中の手順が違ったり
パーマの種類によって得意不得意なスタイルがあったり、
髪質によってどのパーマが適してるのかが変わります。

IMG_20160227_091449 IMG_20160227_070533

質感、形状の違いは乾いた時のカールの残り具合で違いがでてきます。

熱を使うデジタルが一番形状を記憶しやすく、持ちが良い
コールドパーマは濡れてる時との差があるけど
逆にいうと馴染みの良いパーマになる。

それぞれの特徴を掴みながら
お客さんになりたいものに合わせて
髪質にあったパーマを
使い分けることが大事だと思います。

DSC03016